日進市の英語教室

STEP WORLD LL日進駅前教室

ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室

幼児・小学生・中学生・高校生の英語教室

英検

STEP WORLD  LL日進駅前教室:ステップワールド英語スクールの英検合格者数

2002年度~2020年度

18年間で、合計=1095名

 5級 = 340名・・・その中で 小5以下 = 216名

 4級 = 331名・・・その中で 小6以下 = 160名

 3級 = 226名・・・その中で 中1以下 = 82名

 準2級 = 146名・・・その中で 中2以下 = 44名

 2級 =  64 名・・・その中で 高1以下 = 24名

 準1級= 2 名


2002年度第1回(6月)~2020年度第2回(10月)  LL日進駅前教室の英検合格者数

(2020年度第2回は、3級以上の2次試験が終わっていないので、4・5級のみ)


5級4級3級
準2級2級準1級合計
小21




1
小312



3
小4
8223


87
小5132472


181
小690109191

219
中134116585

213
中2
4692381
177
中3
642527
107
高1
383216
59
高2

11625143
高3

1215119
合計3403312261466421109
レベルの目安中学初級程度中学中級程度中学卒業程度高校中級程度高校卒業程度大学中級程度

*上記数字は、通常クラス在籍生の合格者数で、英検講習のみ参加の合格者数は除いてあります。

英検「優秀教室賞」& 英検「奨励賞」

優秀教室賞

2019年度も、一般財団法人 日本LL教育センターから

英検「優秀教室賞」を頂きました!13年連続です。


さらに2019年度も、公益財団法人 日本英語検定協会から

英検「奨励賞」も頂きました!5年連続です。

 

☆LL日進駅前教室:英検チャレンジの目標は・・・

小学生のうちに最低5級・努力次第で4級

中14級・努力次第で3級

中23級・努力次第で準2級

中3までに最低3級・目標は準2級

高2までに2級

高3までに準1級も視野に入れよう!

◆「英語検定」の受験 受付について


LL日進駅前教室は、英検準会場として、2級以上の英検の受験が可能です。

しかし、当教室で受験することが出来るのは、原則として、当教室の在籍生のみとさせて頂きます。

例外として、当教室在籍生のご兄弟姉妹と縁故のある方のみ、受付をさせて頂きます。

但し、新型コロナウイルス感染の状況によっては、例外は認めない場合もあります。

3つの密を防ぐためです。

今年度は、新型コロナウイルスの関係で、

本会場での受験は、受付締切が例年よりも早いなど、

申し込みが難しいようですが、ご理解を頂ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。


***ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室の英検に対する考え方は、以下をクリック***

ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室で英検のために行っていること

◎まず普段の授業が大切です!


しかし、より確実にするために、以下のような指導も行っています。


☆英検講習☆

夏休みと冬休みに、英検講習を行っています。

過去問題集とオリジナルプリントを使用して、より確実な実力を身に付けます。(60分×4回)

*別途費用が必要(全員必須ではありません。)


☆英検ライティングテストの添削☆

3級以上を受験する生徒さんには、個別にライティングテストの個別指導を行います。

*別途費用が必要です。


☆英検2次試験(面接試験)の個別指導☆

通常の授業でも英検面接試験を想定した練習を行います。

それと共に、3級以上の一次試験合格者を対象に、本番を想定したシミュレーションを行います。

*別途費用が必要です。



~詳細は、日進市のSTEP WORLD LL日進駅前教室:ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室までお問い合わせ下さい~

                      



2019年度第2回検定

☆英検準1級に合格した高2生(2019年度)

インタビューしました。


S.F.さん(高2女子)


 Q1:「合格を知った時の感想は?」

A:「自己採点である程度点数の予測がついていましたが、合格が確定したときはほっとしました。」


Q2:「普段はどのように英語学習をしていますか?」

→A:「教材のCDを聞いたり、興味のあるものを英語で聞いたりしています。」


Q3:「英検前には何をやりましたか?」

→A:「準1級の過去問題集を5回分演習しました。」


Q4:「今回、準1級に合格したことについて、何が一番役に立っていると思いますか?」

→A:「私は、試験対策は、過去問の演習だけに絞って行いましたが、形式に慣れておくという面において、過去問をいくつか行うだけでも、合格率が変わってくるな、と感じました。普段から英語の音声を聞いているので、リスニングについてはさほど苦労しませんでした。」


Q5:「これからの目標は何ですか?」

→A:「受動的に英語を学んできたので、これからは能動的に発信できるスキルを身につけたいです。」

 

◆先生から

  S..さんは、小学低学年の時から教室に通っています。英検については、小4で3級、中3で2級、そして、高2で準1級です。準1級は、大学中級レベルなので非常に難しく、合格したのは、本当にスゴイことです!

  インタビューでも答えてくれているように、準1級に合格したのは、普段からCDを沢山聞いていることがとても大きいと思います。その他には、小学生と中学生の時に、徹底的にスピーチコンテストの練習をしたのも、とても役に立っていると思います。

  教室では、過去問を5回学習しましたが、それだけで飛躍的に英語力が付く訳ではありません。過去問に取り組むのは、..さんも言っているように、問題に慣れるためです。

  繰り返し伝えているように、大切なのは、日頃の学習です。普段から英語学習の基本をしっかりとやって、「聞く」「話す(やりとり)(発表)」「読む」「書く」それぞれの力を伸ばして行きましょう。そうそれば、英検上位級に合格する英語力(つまり入試にも強い力)が付いて行きます!

  但し、英語力だけ高めても役には立ちません。ライティング試験(作文)や面接試験では、社会性の高い質問について、自分の意見を述べなければなりません。世の中のことについて興味を持って、ご家族の皆さん、友達、そして、先生と色々な話をして、自分の考えを深めておきましょう!

  そして、英検や入試のためだけではなく、自分の意見を「発信」することが出来るようにして行きましょう!


 

2018年度第3回検定

☆英検3級に合格した小5(2018年度)

の2人にインタビューしました。
 
Kirakira kumaさん (小5女子)
 
Q1:「合格を知った時の感想は?」
 
→A:「ライティングが初めての挑戦で、自信が無かったので、受かっていた時は、びっくりしました。とっても嬉しかったです。」
 
Q2:「普段はどのように英語学習をしていますか?」
 
→A:「授業の宿題、CDを聞く、英語の番組を見るなどです。」
 
Q3:「英検前には何をやりましたか?」
 
→A:「冬季講習を受けて、家でも過去問のやり直し。教室でのライティング試験の添削、先生との面接個別指導を受けて、自分の考えを言えるように練習しました。」
 
Q4:「これからの目標は何ですか?」
 
→A:「 また英検3級を受けて、筆記、リスニング、スピーキングのひとつひとつのスコアをもっとあげて合格したいです。」
 
 
MyuuMyuuさん (小5女子)
 
Q1:「合格を知った時の感想は?」
 
→A:「合格すると思ってなかったので、これ以上ないくらいうれしかったです。」
 
Q2:「普段はどのように英語学習をしていますか?」
 
→A:「宿題は必ずやるのと、車でCDをききます。」
 
Q3:「英検前には何をやりましたか?」
 
→A:「LLの冬期講習、LLのライティング試験の添削、先生との個別面接指導、過去問題を時間があるときやりました。」
 
Q4:「これからの目標は何ですか?」
 
→A:「次は準2級を目指して、まずは3級でもっと点数がとれるようにしたいです。」
 
 
◆先生から
 
 2人とも、小1の時から教室での英語学習を始めました。

 その後、小4で5級に合格、4級は2回受験して2回合格しています。より確実にするためです。

 そして、普段の授業も、楽しく元気に、しっかりと受けています。小5で3級に合格したのは、それが一番の理由だと思います。

 Great. v(^_^)v
 
 現に、初めて3級の過去問をやった時でも、合格可能性のある点数が取れていました。
 
 もちろん、英検前に行った英検講習、ライティング試験の添削、個別面接指導は、より確実な力を付けるために、大切だったと思います。
 
 ということで、2人が言っているように、すぐに準2級ということは考えずに、まずは、「急がば回れ」です。3級を何度やっても90%以上、確実に出来るようにしましょう!



2020年度6月実施

☆英検準1級に合格した高3生(2020年度)

インタビューしました


 2020年6月に実施されたS-CBT(コンピュータで受験)の英検準1級に合格した高3インタビューしました。


I.S.さん (高3男子)


Q1:「合格を知った時の感想は?」

→A:「解答を控えた紙を試験後に回収されてしまったので、自己採点が出来ずに不安でしたが、合格を知って安心しました。」

 

Q2:「普段はどのように英語学習をしていますか?」

→A:「英語を読む時には、日本語に訳すのではなく、イメージを頭の中に浮かべるようにしています。」

 

Q3:「英検前には何をやりましたか?」

→A:「準1級の過去問5回分を何度か繰り返し学習しました。」


Q4:「今回、準1級に合格したことについて、何が一番役に立っていると思いますか?」

→A:「教室で様々な長文を聞いたり読んだりしたことが役に立ったと思います。」


Q5:「S-CBTを受けての感想は?」

→A:「PCの画面を長時間見ていたら、目が疲れました。それから、Speaking試験は、事前にビデオに撮った面接官の先生の質問に答えるのですが、“やりとり”している感じがなく、違和感があり、やりにくかったです。」


Q6:「これからの目標は何ですか?」

→A:「来年は大学受験があるので、英語を得点源にしたいです。」


◆先生から

 I.S.さんは、LL日進駅前教室で学習を始めたのは、中学生になってからですが、高校生で英検準1級(大学中級レベル)に合格することが出来たというのは、とてもすばらしいです!

 英検過去問は、5回分を何度か繰り返したとのことですが、それだけで飛躍的に英語力が伸びる訳ではありません。

 大切なのは、やはり日頃の学習です。「教室で様々な長文を聞いたり読んだりしたことが役に立った」と答えてくれていますが、授業でやっていることが有効だったということで、先生としても嬉しく思います。

 英語の勉強に特別な方法はありません。英語学習での当たり前のことをしっかりとやることが大切です。それが大学受験にも役に立ちます。そして、将来にも役に立つ英語力も身につ来ます。

 まずは、次の目標である大学入試に向けてベストを尽くして下さい!

<補足>

 英検S-CBTは、問題はコンピュータの画面上に表示され、解答用紙は通常の英検と同じ書き込み式です。そして、スピーキングテスト、リスニングテスト、リーディングテスト、ライティングテストを1日で受験することが出来ます。合格した場合、その価値は従来型の英検と同じです。

 I.S.さんは、当初は第1回検定で従来型の英検を受けることを目標にしていました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、一般会場での英検は実施されないことになってしまいました。そこで、S-CBTで準1級を受けることにした訳です。初心を貫いていて、立派です!‍


◆ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室は、英検準会場に指定されています。